★トップページへ戻る★ 

このページは・・・
  since 2021/08/12、8/25 INRAD品番抜けていたのを追加

・・・高周波な生活(の一部) 
 日本無線/JRC 製 受信機や無線機のフィルターリスト(NDK型番対比付き)

 中心周波数455kHzで、NRD525/NRD535及び
 JST135/JST-145/JST245 のオプションフィルターのリスト+@


タイトル通りの代物を公開。
 いやよく忘れるので・・・(笑)

 紙にメモした物をJST-245Dを入れていた箱に入れてたけど紛失前にWeb保存(笑)
 JRC型番とNDK型番と通過帯域(-6dB帯域)を、帯域が広い順にリスト。
 自分で調べた「同じ物と思われる」他メーカーの型名というか品名付き。

 ついでに、INRADで入手できる筈の物の
 品番が抜けてたので追加。(2021/08/25)

JRC 型番
NDK 型番
-6dB 帯域
KENWOOD
ICOM
INRAD
CFL-251 YF455EB
2.4kHz
     
CFL-218A YF455EBF
1.8KHz
YG-455S-1(?) FL-222(?) #1018
CFL-233 YF455DE
1.0KHz
     
CFL-232 YF455DQ
500Hz
YG-455C-1 FL-52A(?) #1005
CFL-231 YF455FM
240/300Hz★1
YG-455CN-1(?) FL-53A(?) #1003★2
(Blank)
 
   
CFL-230 YF455DBP
300Hz
     

★1
 CFL-231について昔の海外資料では「通過帯域=240Hz」と断定的に記載された物もあった。
 JST-135/NRD-525販売当時のオプションフィルタ説明書には「通過帯域=240Hz以上」と記載。
 JST-145/245が販売された時のオプションフィルタ説明書には「0.3kHz」という記載に。

 というわけで、CFL-231は年代によりNDKから違う物がJRCへ納入されてるのか?
 と思ったので結構前に調べた限りでは明確に判らなかった。
 裏の手も使ったのに、無念。

・CFL-230はNRD-515専用オプションで実装用の小基盤とセットの物。
 添付説明書に「300Hz」と記載有り。
 小基盤経由で内部回路と接続されるので特性違うのかも。

・型名の後ろに(?)が付いている物は実機で未検証。
 ICOM型番FL-222とFL52Aは、確か手元にあった筈。
 今後、JST-135 or JST-245で検証予定。
 (YG-455CN-1は JST-135D CW用ナローフィルタ実装 で実証済み)

★2
 INRADの#1003は「CFL-231相当」の後ろに「250Hz」と書かれている。



 ★JST-135のページへ★ 

 ★JST-245のページへ★ 


























このページのURLは、 http://caiman0223jp.ifdef.jp/JRC/jrc-filter-list.html