★トップページへ戻る★ 

 ★JST-135のページへ戻る★ 

このページは・・・
  since 2020/12/11

・・・高周波な生活(の一部) 
  日本無線(JRC)製 JST-135へ
   KENWOOD YG-455C-1(500Hz) を実装する(何


・衝動的にJST-135Dを入手。(2020/11頭)  と、書きたいだけw

 入手時の状態は、オプション一切搭載無し。
 (オプション品が飛ぶように売れたとかいう話は、当時聞いてない記憶が・・・w)

 当然ディスコンだから入手困難。。。うーん。
 せめて7MHzのCWを聞くときの為に、ナローフィルタは欲しい。。。


・ん??そういえばオプションフィルタの型番、JST-245と一緒じゃね?
 CFL231(YF455FM/0.3kHz),CFL-232(YF455DQ/0.5kHz),CFL-233(YF455DE/1.0kHz)だよ


 そうだよ一緒だよ。どうせNDKだろ?
 NDKの455kHzフィルターなら、以前、[TS690を入手したときの為!]って入手した記憶が・・・?
 そうだ!YG-455CN-1(300Hz)があるハズ!

 と、自宅の押し入れを探したら出てきました。
 がしかし、今後TS690を入手した時の為 に、コレは保管(笑)。
 ヤフオクで探したらYG-455C-1(500Hz)がゴロゴロ出品されてる。 さてどーすっかなー・・・

 まぁ、速攻で落札しましたけどもね。
 なんか無駄な事してる気がするけどキニシナイ!


・YG-455C-1を落札し、手元に来たのが2020/11/12頃

 ずっとCWナロー無しで、IC-7300との受信対決してました。
 仕事が?忙しくて、放置してたのを、2020/12/10ついに実装してみることに。



以下は、一応の但し書き。。。

☆この先の情報を見て同じ事を実施する場合は自己責任で!☆

いやほら、IF FILTER ユニット抜いた時点でドコかがお亡くなりの可能性も皆無じゃないし(笑)






2020/12/10 フィルタ実装作業を実施

01:↓フィルタが乗る [CFH-38A IF FILTER ユニット] を抜く。
   ヤフオクで落としたYG-455C-1は、到着直後に基板から取外し済。
 
  ↓YG-455C-1の右下にはちゃんと「NDK」の文字。
 
  ↓基板の型番を見ると、他のバージョンがあったことが伺われる。
  (塗料で非対応型番を塗りつぶすのは、日本無線お得意の手法)
 


02:↓CFH-38Aのオプションフィルタ装着位置。
  取扱説明書P11及びP43でフィルタ実装時の設定を見たら、
  「OPTION FL5」 の位置に実装するのがフツーっぽい。(取説の表記が判りにくい・・・)
  まずは、その位置を表裏で確認。。。
 
 
  一応、実装位置FL5を中心に、部品面から蛍光灯にかざして見る。
  フィルタの足が入る穴にハンダが入ってないかを、コレで確認。
 


03:↓さて、とっとと付けるか。
 
  結構タイトな感じ(笑)
 


04:YG-455C-1を、CFH-38Aに刺して裏から見た状態。
  元々のKENWOOD[YG-455C-1]としての出荷時は基板に付いてる状態なので、
  当然フィルタの足は短く切られている。気持ち短いか?って感じ。
 
 


05:YG-455C-1がちゃんと刺さったら、一息(一服)してからハンダ付け。
  今回使ったハンダはコレ。
 
でわ、ジュッ!と、付ける!
 
付けたらちゃんと確認する!
 
 

05:YG-455C-1を実装できたCHF-38A。
  一服してTVでも見てから、ハンダ面を清掃してJST-135へ刺す。
 
 
 
 その後、取扱説明書のP43に記載されている、
 [10.2.2 IFフィルタ]の項目に従い、設定を行う。

 今回の[FL5]の位置に関しては、
  (1)MEMO+FUNC 同時押し
  (2)テンキーで[22]入力→[ENT]押下
  (3)テンキーで[1](CW用の意味)入力→[ENT]押下





・昔、FT-757にナローフィルタ実装したときは・・・
 完全にバラしてメイン基板を引き出して、ひっくり返して作業。
 それに比べればこの「プラグインユニット方式」は楽だなぁ。。。

・現在、ヤフオク や 無線関係の中古取扱店に時々出てくる、
 YG-455C-1(500Hz)は 7〜8k円程度。
 これくらいの出費でCWナロー500Hzを実装できるなら、安いと見るべきか。

・ちなみにヤフオク&中古取扱店では、更に帯域の狭い
 YG-455CN-1(300Hz)は、10k円前後(見た限りでは12k円位のもある)

・今回のJST-135に限らずNDK製フィルタを使ってる無線機は多いので、
 出物を見つけたら入手しておくと・・・後年シアワセになれるかも(笑)


・で、コレを実施したのは2020/12/10(木曜日)夜。
 週末(金曜夜〜)に賑わう7MHz帯で、 IC-7300と受信対決 するのだ!


・ふと気がついた(思い出した)が、ピン配列・大きさが違うけど八重洲の455kHzフィルタで
 (1)「XF-110C(500Hz)」「XF-110CN(250Hz)」や、
 (2)「XF-110C(500Hz)」 or 「XF-455K-251-01(250Hz)」が、
 ひょっとしたら使用可能かもしれない。
 ・・・ので、自宅のジャンク箱を探してみようと思う。
 確か(1)がFT-900とかFT-1000、(2)がFT-850のオプションだったような・・・?
 そしてFT-757の代替えでFT-850を検討してたときにXF-110Cを買った様な記憶が・・・(笑)

   八重洲の455kHzフィルタが見つかったら、実験してココに晒す予定。




 ★JST-135のページへ戻る★ 


 ★トップページへ戻る★ 































このページのURLは、 http://caiman0223jp.ifdef.jp/JRC/JST135/03_cw-narrow/filter.html