★「・・・高周波な生活」のトップページへ戻る★ 

このページは・・・
  since 2018/11/26 初期バージョン 2019/03/30別PCでの再現追加

・・・高周波な生活(の一部) 
    「Windows-PCによるADS-B受信&プロット&flightradar24へのフィードについて・

・fr24feed.exe(とmr-rtl1090.exeの連携)による、デコード&フィードは「あっさり」成功した。
 「fr24.comへデータフィード」は成功したんだけど、adsbSCOPEで見てるとデコード率?がイマイチ orz 
 (ウチの環境だけかもしれないけど・・・・・)

・やっぱり色々考えた結果、自分の忘備録でもあるし、超ふんどし型で記録を残す事しか思いつかないw



★ やっぱりデコード率?が悪い??んだよ、これ ★

・既にupした「Windows-PCによるADS-B受信&プロット&flightradar24へのフィードについて」で書いたとおり、
 普段 adsbSCOPE で ADS-B データを表示させて一人(・∀・)ニヤニヤしてた環境から無事にfr24.comへフィード成功。

・しかし、あまりにもデコード率が悪い・・・・・
 うちの環境だけ?とも思ったけど、PC2台&USBチューナー2個を入れ替え差し替え、
 どの組み合わせでも悪いのは参った。

・下記画像が、fr24feedでのfeed開始から1日後。。。
 adsbSCOPE 上のプロット数が少ないじゃねーか、これ。。。
 Maximum Range が随分狭くなってるなぁw;(休日も、当然プロット数は少ない。)



・adsbSCOPEの表示で右下にある Framerate=200〜400 Frame /min[200]そこそこ。
 (ADSB#でデコードしてたときは Framerate=2000 Frame台/min[200]〜[300]位だった。)

・というか今までみてた環境より悪いんだから、fr24feed.exe経由で起動してる、
 mr-dump1090.exeのデコードが悪いとしか思えない。。。





★ ADSB#使えばいいんジャマイカ? ★

・今まで使っていた「ADSB#」と「adscSCOPE」の組み合わせだと、
 フライト数が少ない深夜早朝以外、Framerate=1500〜2000、Frame/min=300以上だった。

・じゃあADSB#でデコードしてfr24feedexeにデータ送ればいいんじゃね?
 ということで、設定を変更してみる事にした。
 (ADSB#だと複数クライアントから接続して同時にデータ受けられることは導入当初に確認済み)

・コレに気がついたのが、fr24feed.exeの設定時のログ↓を眺めていたときの事。  
  Step 4.1 - Receiver selection:

   1 - DVBT Stick (USB)
   -----------------------------------------------------
   2 - SBS1/SBS1er (USB/Network)
   3 - SBS3 (USB/Network)
   4 - ModeS Beast (USB/Network)
   5 - AVR Compatible (DVBT over network, etc)
   6 - microADSB (USB/Network)
   7 - SBSx via Basestation (localhost:30006)

  Enter your receiver type (1-7)$:
  ここでフツーに1番の「DVBT Stick(USB)」を選択して進んでた訳で。
  5番の項目 [AVR Compatible (DVBT over network, etc)] を見て、
  「AVR Compatibleって何か判らんけど ん?DVBT over ネットワーク?何だコレは??」

・over network っつー位だから、ネットワーク越しにDVBTのデータを受信って事だろこれ。
 そうに違いない。そう決めた。




★ ADSB#からデータを受信できるように設定する ★

 ・fr24feed.exe が稼働中のPCからブラウザで「http://localhost:8754」を開く
  以下の表示がでて、この画面&設定画面で「fr24feed.exeの初期設定時の最後」に出てきた
  シェアリングキーとIDが確認できる。
  ここで表示左半分の説明。


 * FR24 LINK:     fr24.com のサーバに接続されてUDPでデータ送信してると、この表示。
 * FR24 Radar Code:  設定の項目で書いたIDが表示される(クリックすると別タブ表示)
 * Local IP(s):    空白
 * Aircraft Tracked: 現在デコード出来た数
   (ModeS & ADS-B)
 * Aircraft Uploaded: fr24.comに送った数
 * Receiver:     Step 4.1 - Receiver selection で選択した内容 ここ重要w
    初期設定の際に「1 - DVBT Stick (USB)」を選んでいるので、
    上の画像のように Receiver は「dvbt」の表示になっている。

 ・早速、設定変更してみる
  上記画面表示の右半分 [Actions:] にある ・Settings をクリックして以下の画面。

    【Config File】項目内の白抜き枠内が、設定値。
    【Live setting】が現在の設定値。


 ・ここで設定を変更する。
  [Receiver:]の項目
   設定時に選択した「DVBT Stick」が選ばれているので、
   その文字の右にあるプルダウンをクリックしてAVR(TCP)を選択。

  [HOST/IP:]の項目
   多分空白になっていると思うので、ここをADSB#からのデータを受信できるように、
   localhost:47806と入力する。(ADSB#が同じPC内で起動していてデフォルトPortの場合)

  [RAW data(30002/30334):]の項目
   初期設定時に、
   ----------
	Step 5.1 - Would you like to enable RAW data feed on port 30002 (yes/no)$:
      ↑yes とタイプしてEnter。あとからlocalhost:8754を開(ry

   ----------
   と、書いたとおり「YES」になっている事を確認する。



 ・上記設定を反映した内容がコレ↓

   [Receiver:]、[HOST/IP:]の項目が「Config file」「Live setting」で異なる値になって事を
   確認したら、画面表示右側の[Save]をクリックするが、表示内容は変わらない。
   (ブラウザの「戻る」で最初の画面に戻っても↓、画面内の[Receiver:]の項目は「dvbt,Connected」のまま。

・fr24feed.exeの再起動が必要
  ここで[fr24feed,exe]自体を終了して再度ダブルクリックで起動しても良いが、
  時々[fr24feed.exe]のプロセスが落ちきらず?残っている場合があったので、
  念には念を・・・ということで、ブラウザの表示上から「・Restart software」をクリックする。

(うわ、Aircraft Tracked が 「2」 になってるじゃねーかw)

  というわけで、「・Restart software」をクリックしたら、こうなる。

  ここでスグにADSB#を起動して、デフォルトのPortnumber:48706のまま、Startしておく。
  しばらく(20秒くらい?)待ってから、ブラウザで「http://localhost:8754」を開き直す。

(おぉ!いきなりAircraft Tracked が 「10」 になってる)

  ここで、[Receiver]の所が「avr-tcp,Connected」になっていれば、無事にADSB#からデータを受信している。

(SS取ってる間に減ったしw)

 ・fr24feed.exeの再起動後に再確認
 念のため、再度「・Settings」をクリックして、
 上記までの設定が反映されている事が確認出来たら終了。
 下の画像の赤枠内部分が「Config file」「Live setting」で同じ値になっている事。

 ・adsbSCOPEの設定を戻す
 またADSB#からデータを受けるようにするだけ。
 【other】→【network】→【Network setup】と進み、
 「RAW-data cliant」の項目で【presets】の所にある【ADSB#】をクリックするだけ。
 Portnumber = 47806
 URL = 127.0.0.1
 dataformat = nomal
 になっていればOK。
 



★ 最終結果?w ★

・とまぁ、ここまでの設定によって、
 ADSB#でデコードしたデータをfr24feed.exeでfr24.comに送りつつ、
 ADSB#でデコードしたデータをadsbSCOPEで受けてローカルPC上で表示できた。

 この状況でadscSCOPEを連続で24時間以上起動して得られた結果がコレ↓

Framerate=2000Frame以上、/min=400以上で、
プロットできたエリアも当初の状態に戻ったと思われる。

(アンテナ系の改善によるカバーエリア拡大は、また別の項で・・・・・)



 このページのTOPへ戻る 



・さて、「これを他のPCでやったらどうなの?」「再現性は?」について、
 幸いにも移動距離で250kmを月に2回は往復移動しているので、
 別PCに環境作って持ち歩いて確認する予定。
 (既にLet's note CF-R9 に環境はある・あとは移動して他の場所で実践するだけ)


・その後、Let's note CF-R9 にUSBチューナー刺して、
 上記設定でフィードテストは良好。
 amazonで安値購入したWindows10 home なタブレットに
 各種ファイルをコピーして、ソッチでも再現確認は良好。





 ★「・・・高周波な生活」のトップページへ戻る★ 







ここを見てる方へ:
お使いのブラウザでこのタブなりウィンドゥを閉じて下さい(投げやり)