★トップページへ戻る★ 

 ★JST-135のページへ戻る★ 

このページは・・・
 since 2020/11/15

 update 2021/01/18 誤字脱字修正

・・・高周波な生活(の一部) 
  日本無線(JRC)製 JST-135改造用?資料 置き場

・衝動的にJST-135Dを入手。(2020/11頭)

 多分サービスマニュアルに載ってる内容だと思われ。
 2000年頃、「JST135欲しい!JST245欲しい!」って騒いでた時、
 偶然にも[中の人]から頂戴した情報も含む。(ありがとう中の人!)

 あれから・・・20年も過ぎて、JST-135を入手しました!
 資料が散逸するまえに、ここに残しますわ!(笑)
 以下の画像はクリックで原寸大(2592x1944)




一覧

  • WARCバンド対応
  • 28MHz帯の100W化/移動局用全バンド50W化
  • TRVの親機にした際に便利な拡張











































  • ● JST-135 WARCバンド対応

     当初出荷時は、10MHz帯しか解放されてなかったんだっけ?
     18/24MHz帯の拡張方法(サービスマニュアル?のコピーを貰った)
     1Ωのジャンパー抵抗をカットするだけ。

    (1)上カバーを開けて[CDC-493A CPUユニット]を抜く。
    (2)マザーボードに刺さるコネクタのすぐ上に、
     RJ0からRJ7迄のレジスト印刷があるのを探す。


    ・18MHz帯拡張:
     RJ1をカットする

    ・24MHz帯拡張:
     RJ2をカットする


    なお、今回入手したJST-135Dでは、
    何故かRJ5がカットされていたが・・・内容不明で調査中。。。







    ・RJ5について:
     日本国内向け出荷時、28MHz帯は50W。
     それを他のバンドと同じ100Wにする為と判明。

     (今回の入手個体で、何故その対応が為されていたのかは不明)






    ・移動局用50W化:
     RJ0をカットする。
     取扱説明書のP33に記載の通り。
     (なお、RJ5のカットと同時に実施された場合の挙動は不明)




























    ● JST-135 トランスバータ(TRV)の親機にしたときに便利な拡張

     ちょっと アレ な内容です。。。

    目的
     普通はHF機を親にしたTRVで50MHzとか144MHzに出る時、
     28MHz帯をIFにするんでしょうが・・・
     1990年代に常用してたFT757+FTV700(50MHz-Unit)の場合、
     28MHz帯のアクティビティが高くて各種国内コンテスト時の「TRV通り抜け」が多かった。
     (というか異様に皆の電波が強かった?www)

     ・・・って話をしてたら、教えて貰った。
     TRVのIFを28MHz帯じゃない周波数にすりゃいいんじゃね? と。

     サービスマニュアルのコピーに「中の人からの情報」をメモ書きした物を、
     pdf化して会社のサーバ(!)に入れてた。
     さっそく実践してみました。。。


    ・送信範囲の拡張:
     コマンド拡張で、取説には当然載っていない。
     (出典:サービスマニュアルのコピー(英文)&ソコに書いた、口伝えのメモw)

    <その1>
     (1)[MEMO]+[FUNC](同時押し)→テンキーで [140] 入力→ [ENT]
     (2)これで定義内容が [0] 表示なら標準
     (3)その後勝手にユーザー定義モードから抜けるのを待つ。
     (4)抜けたら、スグに(1)の同じ操作を行うと、定義内容が [1] 表示になって拡張

     中の人から貰ったサービスマニュアルのコピーの、
     欄外に書かれていたメモの内容がこんな感じ。
     今回入手したJST-135Dではこの操作方法が有効で、
     [ファームウエアのバージョンで多少操作が違うかも?]の方であった。

    <その2>
     (1')[MEMO]+[FUNC](同時押し)→テンキーで [140] 入力→ [ENT]
     (2')テンキーで [0] → [ENT] 入力。(送信未拡張)
     (3')[MEMO]+[FUNC](同時押し)→テンキーで [140] 入力→ [ENT]
     (4')テンキーで [1] → [ENT] 入力。(送信拡張)

     この繰り返しで送信拡張のOFF/ONが可能。
     手元のサービスマニュアルと思われる物(英文)のコピー。


    ・その後、取説に乗ってるEXCTR OUT 設定を行う
     (5)[MEMO]+[FUNC](同時押し)→メインダイヤルを回して定義番号[6]を選ぶ。
     (6)続けて迷わず[ENT]を押して[1]→[ENT]と押下。

     これでリアパネルのRCAジャックから送信信号が出せる。
     (ユーザー定義モードは5秒くらいで勝手に終了するのでサクサクと操作する必要がある)

     ダミーロードを繋いで送信してメーター表示を [ID] にしてみると、
     全く振れない 「ゼロA」 なので、終段が停止してるというのは本当 だと思われ。


    ・今回入手したJST135でコマンドの有効性を確認
     愛用していたFTV700が、今は手元にないので、戻しました。

    ・EXCTR OUT 設定を ON にすると終段が停止
     これは、誤って [XMIT] を押して送信状態にしてしまった場合の
     ポカミス除けになるので、そのままにした。









     ・今回手元にある資料のうち一部を忘備録としてココに記す。

     ・でも・・・なんか「受信機として」使うことになりそうだから、
      個人的にはあまり必要ないかもです。
      一部では・・・
      「受信機に < なんと!送信部が付いてるぞ! > すげー!」ってー言う人も居るとか何とかw






    資料が散逸しちゃう前に発掘し、
    ココに随時追加して公開予定。。。



    (また文章だらけのページを作ってしまった・・・)



     ★トップページへ戻る★ 

     ★JST-135のページへ戻る★