★「・・・高周波な生活(の一部)」トップページへ戻る★ 

 ★IC-706のトップへ戻る★ 

このページは・・・  since 2010/11/20   last update 2010/11/20

「・・・高周波な生活(の一部)
 IC-706(無印)の内臓FAN交換

 ・本体の電源がONになると同時にずっと回りっぱなしのFANが「もうダメぽ」状態。
  (受信状態でも常時約7Vの電圧でゆっくり回っている)

 ・ネットで検索しても内蔵FANの事が
  ほとんど引っかからなかったので記録を残す事にした。

 ・だけど面倒くさいので、超フンドシ型でいく事に決定w
  どっかのブログサイトへの移動も考えたけどDR-620測定結果をどうするか?
   ・・・ってわけで、そのまま。

 最後に交換後の感想というか雑記付き。
  (一部の画像はクリックすると大きめな画像が表示される筈です)


(1)
 上下のカバーを外し、スピーカーも固定用の金具も外しておく。
 本体下側から見た図。
 中央左にある黒い横長の物がFAN(黒い防振用のゴムに包まれている)

IC706(無印)_下面側内部全景

(2)
 そのすぐ横にあるこのコネクターを外す。

IC706(無印)FANのコネクタ拡大

(3)
 ゴムに包まれたFANを押す。
 初めて外す時はゴムが固着してるかもしれないので力が必要かも。

IC706(無印)FANを押して外す

(4)
 反対側に出てきた。この時完全に外す前に、
 【ケーブルの位置とFANの向き】を、よく覚えておく事。
  <空気の流れはリア側にあるPA部に風を送る方向>

IC706(無印)FANが出てきたのでエアフロー方向確認

(5)
 取れた。
 更に【ケーブルの位置&金属部品&防振ゴムの位置関係】をよく覚えておく事が重要。

IC706(無印)FANを外してゴム等の位置関係確認

(6)
 防振ゴムを剥く。

IC706(無印)FANむき身にする

(7)
 どんな規格のFANなのか確認しようと、アルミ製?シール剥がしたら
 FAN自体のシールも剥がれた(苦笑

IC706(無印)FANたぶん12V0.12A位の物

(8)
 で、PCショップで買ってきたFANはこれ。
 60cm角15mm厚で12V駆動の物ならなんでもOKだと思われるので、
 テキトーに選んだ(安かった)のがこれ。 一個780円かな?

IC706(無印)交換用FAN1 IC706(無印)交換用FAN2 IC706(無印)交換用FAN3

(9)
 新旧FAN並べてみた。新FANは羽根の向きが逆だ。
 エアフローの向きを確認しようとしたら・・・刻印が無いぞこいつ
  (ここで、上記(4)〜(5)が意味を持ってくる)

IC706(無印)新旧FAN並べる1
IC706(無印)新旧FAN並べる2
 ↑下側が古いFANで上側が新しく買ったFAN

(10)
 新しいFANの電線をぶった切る。
 黄色い線は回転センサー用だけどIC-706じゃ未使用。

IC706(無印)新FANへコネクタ移設1

(11)
 古いFANの線を外す。外れないときは叩き切る。

IC706(無印)新FANへコネクタ移設2

(12)
 半田付けしてテーピングして終了。
 赤線と黒線の位置をずらしておくと、万一絶縁テープが剥がれても一気にショート&焼損は免れる。

IC706(無印)新FANへコネクタ移設3 IC706(無印)新FANへコネクタ移設4 IC706(無印)新FANへコネクタ移設5

(13)
 防振ゴムとか金具とか組み立て。
 この時、(5)で確認した位置関係になるように戻す。

IC706(無印)新FANへ防振ゴム付けたり

(14)
 本体に組み込む前に動作確認。
 この時、(4)−(5)で確認した位置関係&エアフロー方向を最終確認する。
 あとは元通りにするだけ。

IC706(無印)新FAN動作確認回転前
IC706(無印)新FAN動作確認回転中

(15)
 中にちゃんと入った。
 本当はこのFANセンター部(モーター部)にシールド用アルミシールを張っておくんだろうが、
 動作確認した感じではFANからのノイズは受けてないっぽい。

IC706(無印)新FAN組込終了


<1>
 電源ON時は常時回ってるので疲労も貯まってるハズの内臓FANですが、
 そのFAN交換ごときでICOMに修理出さなくても大丈夫。
 100W常用する方は上記の様な安物FANではなく
 信頼の(w)三洋のFANとかにすると安心感倍増です。
   その代わりお値段は3倍増しですがw;

<2>
 交換した新FANのモーター部分が小さくなっており
 相対的にFANの羽根面積が増えているので
 風量が増える=風切り音も増えるのだろうか?
 と思ってたが、あまり気にならない音量。
   (調子の悪いFANに比べれば全然静かだw)

<3>
 受信状態で【FANが約7Vで駆動されてる状態】では、
 不調だった旧FANより静かなのは確かで、かつ、
 後部に手を当てると吹き出されてくる風量が確実に増えているのが
 確認できた。

<4>
 IC-706Mk2とかMk2Gでも、ほぼ同じ手順で出来る(と思われ)


 ★IC-706のトップへ戻る★ 

 ★「・・・高周波な生活(の一部)」トップページへ戻る★